ティーピー、ロングハウス、プエブロの家

ティーピー、ロングハウス、プエブロの家




ネイティブアメリカンのテント

テントはグレートプレーンズの遊牧民の部族の家でした。テントは、フレームとしていくつかの長いポールを使用して構築されました。ポールは上部で一緒に結ばれ、下部で広げられて逆さまの円錐形になりました。それから外側は水牛の皮で作られた大きな覆いで包まれました。

ティーピー、ティピー、ティーピー

部族が新しい場所に到着すると、各家族の女性がテントを設置して建てました。テントの建設は非常に効率的で、通常、セットアップには約30分しかかかりませんでした。

夏には、底に大きな隙間ができるようにカバーを上げます。このギャップにより、冷気がテントを通って流れ、内部を冷却し続けることができました。



冬には、テントを暖かく保つために、草などの追加の覆いと断熱材が使用されました。テントの中央に火が作られます。上部に煙を出すための穴がありました。平原インディアンはまた、家を暖かく保つためにベッドと毛布に水牛の皮を使用しました。

ネイティブアメリカンのロングハウス

ロングハウスは、北東部のアメリカ人インディアン、特にイロコイ族のインディアンによって建てられた家の一種でした。イロコイの別名は「ロングハウスの人々」を意味するハウデノサウニーでした。

ロングハウス

長屋は木と樹皮で建てられた恒久的な家でした。彼らは長い長方形の形で建てられたので、彼らの名前が付けられました。通常、それらは長さ約80フィート、幅18フィートでした。屋根には火の煙を逃がすための穴があり、両端にドアがありました。

長屋の家を建てるために、木からの背の高い棒が側面を組み立てるために使用されました。上部では、原住民は屋根を作るために湾曲したポールを使用しました。その後、屋根と側面は帯状疱疹のように重なり合う樹皮で覆われました。これは彼らの家から雨と風を防ぐのを助けました。

大きな村には、柵と呼ばれる木製の柵の中にいくつかの長屋が建てられます。各ロングハウスには、クランと呼ばれるグループの多くの人々が住んでいました。おそらく20人以上が1つのロングハウスの家と呼んでいます。

ネイティブアメリカンのプエブロ

プエブロは南西部のアメリカインディアン、特にホピ族によって建てられた家の一種でした。彼らは、時には数百から数千人が住む大きな村の一部であった恒久的な避難所でした。多くの場合、それらは洞窟の中や大きな崖の側面に建てられました。

崖の住居

プエブロの家は、日干し粘土で作られたレンガで建てられました。レンガは、粘土、砂、草、わらを混ぜ合わせ、太陽の下に置いて固めることで作られました。レンガが固くなると、壁を作るために使用され、隙間を埋めるためにさらに粘土で覆われました。彼らの家の壁を強く保つために、毎年新しい粘土の層が壁に置かれました。

プエブロの家は、互いに積み重ねられたいくつかの粘土の部屋で構成されていました。時々彼らは4または5階建ての高さで建てられました。プエブロが建てられるほど、各部屋は小さくなりました。はしごを使って床の間を登りました。夜になると、彼らははしごを外して、他の人が家に入らないようにしました。