溶液と溶解

溶液は、ある物質である溶質が別の物質である溶媒に溶解している均質な混合物です。溶液は、均一性、安定性、フィルタリングによって溶質粒子を分離できないこと、光散乱がないことなどの独特の特性を示します。溶液の形成には、溶媒が溶質の大きな結晶をより小さな分子またはグループに分解することが含まれます。溶解度は、所定の溶媒容量に溶解できる溶質の最大量を決定します。溶液は、溶質濃度に基づいて飽和、濃縮、または希釈に分類できます。混和性は 2 つの液体が溶液を形成する能力を指しますが、非混和性は溶液を形成できないことを意味します。


溶液は化学の基礎であり、さまざまなプロセスや用途で重要な役割を果たします。それらの特性、形成、挙動を理解することは、化学反応、分離、工業プロセスを理解するために不可欠です。溶解度、濃度、混和性を制御できるため、塩水などの日常的な溶液から製薬や材料科学などの分野の高度な用途まで、特定の目的に合わせて溶液を調整できます。ソリューションの研究は新しい洞察と革新を明らかにし続け、化学の分野におけるそれらの永続的な重要性を強調しています。

溶液と溶解

解決策とは何ですか?

溶液は、ある物質が別の物質に溶解している特定の種類の混合物です。溶液は全体的に同じ、または均一であり、均一な混合物となります。詳細については、ここにアクセスしてください 混合物

ソリューションには次のような特徴があります。
  • 混合物全体で均一または均質です
  • 安定しており、時間が経っても変化したり、定着したりしません
  • 溶質粒子は非常に小さいので、 別れた フィルタリングによって
  • 溶質と溶媒の分子は肉眼では区別できません
  • 光線を散乱させません
解決策の例

溶液の一例は、水と塩の混合物である塩水である。塩は目に見えませんし、塩と水は放っておいても溶液のままです。

ソリューションの一部
  • 溶質 - 溶質は、別の物質によって溶解されている物質です。上の例では、塩が溶質です。
  • 溶媒 - 溶媒は、他の物質を溶解する物質です。上の例では、水が溶媒です。

溶液は均一な混合物の一種です
溶解

溶液は、溶質と呼ばれる物質が溶媒と呼ばれる別の物質に「溶解」するときに生成されます。溶解とは、溶質が大きな分子の結晶からさらに小さなグループまたは個々の分子に分裂することです。この分解は溶媒と接触することによって引き起こされます。

塩水の場合、水分子はより大きな結晶格子から塩の分子を切り離します。これは、イオンを引き離し、塩の分子を取り囲むことによって行われます。それぞれの塩の分子はまだ存在しています。それは今、塩の結晶に固定されているのではなく、水分子に囲まれているだけです。

溶解性

溶解度は、1 リットルの溶媒にどれだけの溶質が溶けるかの尺度です。水と塩の例を考えてみましょう。水に塩を注ぎ続けると、ある時点で水は塩を溶解できなくなります。

飽和状態

溶液がそれ以上溶質を溶解できない点に達すると、その溶液は「飽和」したと見なされます。飽和溶液から溶媒がいくらか失われると、溶質の固体結晶が形成され始めます。これは、水が蒸発して塩の結晶が形成され始めるときに起こります。

集中

溶液の濃度は、溶媒に対する溶質の割合です。溶液中に溶質が多量に含まれている場合、それは「濃縮」されています。溶質の量が少ない場合、溶液は「希釈されている」と言われます。

混和性と非混和性

2 つの液体を混合して溶液を形成できる場合、それらは「混和性」と呼ばれます。 2 つの液体を混合して溶液を形成できない場合、それらは「非混和性」と呼ばれます。混和可能な液体の例としては、アルコールと水が挙げられます。混ざらない液体の例としては、油と水が挙げられます。 「水と油は混ざらない」という言葉を聞いたことがありますか?これは、それらが混ざらないためです。

ソリューションに関する興味深い事実
  • 金やプラチナなどの貴金属を溶かすことができる王水という溶剤があります。
  • 真の溶液に光を当てると、光線は見えません。これは、霧が解決策ではないことを意味します。コロイドです。
  • 溶液は液体、固体、または気体です。固溶体の例は鋼です。
  • 一般に、固体は温度が高いほど溶解しやすくなります。
  • 炭酸飲料は、炭酸ガスを高圧で液体に溶かすことで作られます。