グアドループ

グアドループの旗の国


資本: 低地

人口: 447,905

グアドループの簡単な歴史:

クリストファー・コロンブスは、1493年の新世界への2回目の航海中にグアドループに上陸しました。コロンブスは、グアドループにいたときにパイナップルも見つけました。

1635年にフランスが島を支配し、1674年にフランスの植民地になりました。すぐに、島はサトウキビの有益な供給者になりました。次の数百年にわたって、島はイギリスとフランスの間で何度も手を変えるでしょう。

2007年、サンマルタン島とサンバルテルミー島はグアドループから分離し、フランスの別々の領土になりました。グアドループは今日でもフランスの一部であり、その結果、欧州連合の加盟国と見なされています。



グアドループの国の地図

グアドループの地理

全体の大きさ: 1,780平方キロメートル

サイズ比較: ワシントンDCの10倍のサイズ

地理座標: 16 15 N、61 35 W

世界の地域または大陸: 中米

一般的な地形: バセテールは火山起源で、内部に山があります。グランテール島は石灰岩の形成が少ないです。他の7つの島のほとんどは火山起源です

地理的な最低点: カリブ海0m

地理的なハイポイント: スーフリエール1,484m

気候: 貿易風によって和らげられた亜熱帯;適度に高い湿度

主要都市:

グアドループの人々

政府の種類: NA

話し言葉: フランス語(公式)99%、クレオールパトワ

独立: なし(フランスの海外県)

祝日: フランス革命記念日、7月14日(1789年)

国籍: Guadeloupian(s)

宗教: ローマカトリック95%、ヒンドゥー教と異教のアフリカ4%、プロテスタント1%

国のシンボル:

国歌または歌:

グアドループの経済

主要産業: 建設、セメント、ラム酒、砂糖、観光

農産物: バナナ、サトウキビ、トロピカルフルーツと野菜。牛、豚、山羊

天然資源: 観光を促進する耕作可能な土地、ビーチ、気候

主要な輸出: バナナ、砂糖、ラム酒、メロン、湧き水

主な輸入品: 食料品、燃料、車両、衣料品、その他の消費財、建設資材

通貨: ユーロ(EUR)

国内総生産: 3,513,000,000ドル




**人口(2012年推定)とGDP(2011年推定)の出典はCIA WorldFactbookです。

ホームページ