ベナン

ベナンの国旗の国


資本: ポルトノボ(公式の首都)

人口: 11,801,151

ベナンの簡単な歴史:

15世紀以前は、ベナンはほとんどが小さな部族によって定住していました。しかし、15世紀には、アフリカのダンホーミー王国が誕生しました。ヨーロッパ人が18世紀に到着したとき、ダンホーミーはまだ成長していました。彼らはフレンデ、オランダ人、ポルトガル人と交易しました。ダンホーミーは戦争を基盤とした王国であり、捕虜は死刑に処せられるか、武器と引き換えに奴隷としてヨーロッパ人に取引されました。

その後、1900年代初頭、ベナンはフランスの植民地になりました。 1958年にそれはフランス共同体の中で自治になり、ダホメ共和国と呼ばれました。数年後の1960年、ベナン共和国と呼ばれる完全に独立した国になりました。



ベナンの国の地図

ベナンの地理

全体の大きさ: 112,620平方キロメートル

サイズ比較: ペンシルベニアよりわずかに小さい

地理座標: 9 30 N、2 15 E



世界の地域または大陸: アフリカ

一般的な地形: ほぼ平坦から起伏のある平野。いくつかの丘と低い山

地理的な最低点: 大西洋0m

地理的なハイポイント: モントソックバロ658m

気候: トロピカル;南は蒸し暑い。北の半乾燥

主要都市: コトヌー(政府の所在地)815,000;ポルトノボ(資本金)276,000(2009)

ベナンの人々

政府の種類: 共和国

話し言葉: フランス語(公式)、フォンとヨルバ語(南で最も一般的な土語)、部族の言語(北で少なくとも6つの主要な言語)

独立: 1960年8月1日(フランスから)

祝日: 建国記念日、8月1日(1960)

国籍: ベナン語(単数形および複数形)

宗教: 土着宗教50%、クリスチャン30%、イスラム教徒20%

国のシンボル: ヒョウ

国歌または歌: 新しい日の夜明け

ベナンの経済

主要産業: テキスタイル、食品加工、建設資材、セメント

農産物: 綿、とうもろこし、キャッサバ(タピオカ)、山芋、豆、パーム油、ピーナッツ;家畜

天然資源: 小さな海洋石油鉱床、石灰岩、大理石、木材

主要な輸出: 綿、原油、パーム製品、ココア

主な輸入品: 食料品、資本財、石油製品

通貨: Communaute Financiere Africaine franc(XOF);注-責任ある機関は中央銀行です

国内総生産: 14,750,000,000ドル




**人口(2012年推定)とGDP(2011年推定)の出典はCIA WorldFactbookです。

ホームページ